忍者ブログ
偽島、ENo.2128(星のスピカ_リボン屋)です。主にラクガキしたレンタルなどの倉庫となります。レンタル元より許可の下りなかった物は、全てフィクションです。煮ても焼いてもいいし、なかったことにしてもいい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


リボン屋「私の昔話だよー!はじまり、はじまり!」
 


(幕間・開始)






「星の舞踏会へようこそ!」




少女の高く透き通った声が会場全体に響き渡ります。
少女と、会場の周りを取り囲むように配置された大人たちが
星の杖を天に向けて掲げると夜闇と星々が瞬く間に天を彩り
ありとあらゆる色とりどりのドレスの裾が目の前に翻りました。
ヴァイオリンの弦が鳴り、舞踏会の最初の一音が鳴り響くと
次々と音の洪水が広がります。
美しい王宮で開催される、楽しい舞踏会の始まりでした。

子供は王宮つきの魔法使いを両親に持つ、魔法使いの卵でした。
星の魔法使いは夜空に関する美しい幻術を得意とし
幻術を広げることでその領域を守護する力を持っていました。
その日は子供の晴れ舞台となったのです。
それはとても幸せな、大切な思い出として子供の記憶に残りました。






* * * * 





子供の初の晴れ舞台の後、子供と母親と父親が一緒に家に帰ると
ねこが足元に擦り寄りました。それは子供の一番の友達でした。


子供はベッドに寝転がって、ねこに色々なことを話しました。
キラキラと広がる星空や、ヴァイオリン、キラキラしたドレス。
男性の肩越しに見える淑女の微笑った顔。

「いつか私も踊れたらいいな。
 大きくなったらパパがドレスを買ってくれるって!」

ねこはニャーオ、と一声鳴いて、
子供の話を聞きました。
別に話の半分もわからなくても良かったのです。
ドレスって食べ物なんだろうかとか、ヴァイオリンは嫌いだとか、
そんなことはどうでもよかった。

子供の小さな手は温かく、
頭を撫でられると、とても幸せな気分になれたのですから。







* * * * 




子供の。

子供の瞳に映る世界は、色鮮やかで、とても小さい箱庭です。
子供の心は一途です。
何かを大事なことを願ったら、そればかりを考えます。

ですから、子供は死んでしまうと、
その魂は悪いものになりやすいのです。




ねこの瞳に移る世界は灰色ですが、やはり小さい箱庭です。
ねこの心は一途です。
何かを大事なことを願ったら、そればかりを考えます。




その点で、ねこは子供と似ているといえるでしょう。

そして、ねこはその子が大好きでした。





* * * * 










ねこはぬいぐるみをくわえておうちに帰りました。

自分を模したぬいぐるみを、山をひとつ越えた場所にすむ
あの子のおばあちゃんに作ってもらったのでした。
父親が、ねこに取りに行くように頼んだのです。
誕生日は2週間後でした。

あの子はねこが大好きだったので、
凄く凄く喜んでくれるだろう、と思いました。
ねこはそれを想像するだけで、ぴょんぴょん跳ねて喜びたいほど幸せでした。

しっぽはぴーんと一本で立ち、
柔らかな手足は大地を踏みしめて、
ぐんぐん道を進みます。










* * * * 











しかし帰ったとき、
その子はもういませんでした。


ねこがいないところで、
ずっと、ずっと、


永いお別れをした後だったのです。












* * * * 






その子はベッドで眠っていました。

白かった肌はところどころに黒い痣が出来、
冬の寒さに赤かった丸い頬にも血の気はありませんでした。
その子のお母さんも同じです。

少女と母親は黒死病で死んでしまったのです。





* * * * 







死んでしまったその子は幽霊になりました。


そして毎日泣きました。
父親の傍で泣きました。

こんこんと眠る、同じ病の父親が、起きてくれるよう望みました。





ねこは幽霊になった子供をずっと見ていました。

そして、一緒に泣きました。
涙がみっともなく頬の毛皮をぬらすことなどかまわずに。

あんなに幸せで大好きだったあの子が、
悪いものになってしまうんじゃないか、
不安で不安で泣きました。







3日が経ちました。
     子供は泣いています。




1週間が経ちました。
     子供は泣いていました。




10日が経ちました。


     泣きっぱなしの子供を見かね、
     ねこは神様に会いに行きました。









* * * * 








山羊の角を持つ神様は、静かにねこの話を聞きました。

そして哀れみました。子供ではなく、ねこを。


「その子は、空の星になったのだ。
 だからお前はお前が幸せに生きることができるように、
 生きなさい。」


ねこは聞きませんでした。

「お星様になんか、なっていません。
 ずっと眠るパパの傍で泣いています。
 あれじゃ、あの子は悪いものになってしまう。」


神様は、言いました。

「すでに起きた全ての物事は、運命づけられ、起きている。
 過去を変えることはできない。」


ねこは聞きません。

「過去を変えようとは思いません。死んだものは帰らない。
 ぼくの父母がそうだったように。
 でもこれからの未来を変えることはできる。」

「神様。
 なにをあなたにささげれば
 ぼくは彼女になれますか。
 彼女になれば、王様のところへ薬を取りにいけるのです。」


神様は、瞼を閉じて応えます。

「ねことしての命、ねことしての生、ねことして彼女と話せるその力。」

「…お前にとっては最後のひとつがもっとも苦痛だろう。」



「かまいません。
 あの子が悪いものになってしまうより、ずっといい。
 ぼくがあの子の願いを代わりに叶えれば
 あの子は眠れるんでしょう。」


「ねこはねことして生きるのが世の理。
 何がそこまでお前をかりたてる。」


神様は、ねこの
まっすぐさと必死さとけなげさに、呆れ、あわれになりました。


「あの子はぼくのすべてです。
 あの子がいなければぼくはぼくではなかったでしょう。
 人には慣れなかったかもしれません。
 死んでいたかもしれません。
 だからこそ、ぼくはぼくのすべてのために
 あの子の願いを叶えたい。」



「仕方のない子だ。
 そんなに言うならあの子のあるはずだった寿命を、
 お前に乗せてあげようね。
 姿形もそっくりあの子に似せてあげよう。
 あの子の思い出もそのままに。」

「でもただひとつ、****だけはかえられないよ。
 お前はXXXXXなんだから。」



山羊の角の「神様」は、契約書を書きました。
古い、古い、羊皮紙に血と墨で練ったインクでサインをしたのです。
神様の名と、ねこの名を。




「鏡をごらん。」




ねこは言われるままにそうしました。

金色の髪、白い肌。
紅潮した頬に夜空のように蒼い瞳。

大好きなあの子の姿でした。



神様は子供の頬を伝う涙をぬぐいます。



「お前が笑うとスピカは笑う。
 だから、なるべく、笑顔でいなさい。」




ねこが人の顔で初めて作った笑顔は、泣き笑いでした。




* * * *




ねこは王様に薬を貰い、スピカの父親は助かりました。

しかし、目を覚ました父親は自分の娘の顔が分かりませんでした。
また、立つのもやっとというほどに、衰弱し、
彼の記憶と能力の大部分は欠落していたのでした。


ねこは言い出せませんでした。
アルデバランの娘、スピカはもう死んだのだと。
自分はあなたのねこなのだと。




そして怖くなりました。


アルデバランがスピカの死を知ることが。



大事な人が自分のせいで悲しむことを知ったら
果たしてスピカはどう思うのか。





* * * *




ねこはアルデバランの手を引いて、逃げました。
思い出から、街から、あの子を知られてしまう全てから。



それでもスピカの姿や思い出を捨てられなかったのは
ねこが大好きなあの子を忘れたくなかったからでしょう。





* * * *







ねこは彼女の中から彼女の瞳で世界を見ました。
すべてがきらきらと輝いて見えました。
ひとつだけ変えられなかった**だという事実をひた隠しにして
スピカのリボンも、夢も、スピカの笑顔も一緒に着込みます。


チケットの要らない船に乗り、不思議な島につきました。
アルデバランを助けるため、自分の身体を動かすために、
他の生き物から掠めた命、キラキラとした星屑を集めます。


そして、ねこは今日もスピカの大事なその人と一緒に旅を続けるのでした。








(幕間・終了)



リボン屋「私の昔話はこれでおしまい!」
 
PR
Comment
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
リボン屋PL
性別:
非公開
自己紹介:
菓子と猫とかぼちゃぱんつが好き。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
P R
アクセス解析
PR
忍者ブログ
[PR]

<<  HOME  >>